仮想通貨を手に入れる

想通貨の口座の準備ができたら、ようやく仮想通貨を手に入れる準備が整ったことになります。

それでは、どうやって仮想通貨を手に入れるかについての方法を、もう一度書いていきましょう、次のようなものがありましたね。

①誰かからもらう(送金してもらう、Air Drop等)
②日本円と交換する
③マイニングやマスターノードで報酬を得る

誰かからもらう

自分の口座の入金アドレスを教えて、その誰かに送金してもらえば、仮想通貨をもらうことができます。これは、銀行振込に近い感覚です。

株券を誰かから直接貰うとなると、株主の交換手続きなど実施するのに多くの時間が必要となりますが、お金である仮想通貨では、交換手続きが電子的に行われるため、あげたり・もらったりという行為が簡単にできます。もちろん、電子化された今も名義変更は可能ですが、手続きが必要になります。

お金を、あげたり・もらったりするのと同じような感覚で、仮想通貨は、送金・出金ができます。

特別キャンペーン

ここまで読んでくれたあなたには特別に、仮想通貨を誰かから貰うを体験してもらいたいと思います。今回は「Linux Pay」の受信用アドレスをお持ちの方だけが対象になります。(※Linux Payのウォレットのインストール手順と受信用アドレスの確認手順はこちらのページに掲載しています)

次のページから応募してください。ページにはパスワードをかけていますので、LNPと入力してください。

応募フォームはこちら

日本円と交換する(仮想通貨を買う)

日本の取引所に仮想通貨の口座をひらいたら、銀行の口座経由で取引所に日本円を送ります。日本の取引所でないと日本円は扱っていませんので、日本で仮想通貨をやる場合は、必ず日本の取引所で口座をひらく必要があります。また、金融庁が脱税などに当然監視の目は光らせていますので、法律・法令順守のうえ取引は行いましょう。

取り引きの方法は、基本的には、株や為替FXと同じ取り引き方法となります。

現在の価格を見て、すぐに買いたい場合は、成り行き注文ではないですが、その値段で注文し、もう少し安い値段になったら買おうと思えば、少し安めの価格で注文を入れます。注文のやり方は、取引所によってことなりますから、取引所の手順書をみて実行してください。

マイニングやマスターノードで報酬を得る

マイニング

自宅のパソコン機材の計算能力や電気を提供し、仮想通貨の発行や記帳といった仕事の手伝いをすることで、労働賃金を得る仕事のようなものです。

最新スペックのパソコンでマイニングを行っても、通常は数十円~数百円にしかなりませんが、ゲーム用のグラフィックボードを複数枚利用することで、それなりに仮想通貨を得ることができます。しかしながら、競争が激しいので、日本の電気料金では既に利益がでません。

詳細は、マイニングのページで記載していきます。

マスターノード

お金を銀行に預けておくと金利により、利息がもらえますよね。それは銀行が預かったお金を信用創造で10倍にし、お金を借りたい人に、高い金利でお金を貸して、帰ってきたお金の利益の一部を還元しているからです。

これに似ている考え方が、マスターノード報酬です。

詳細は、マスターノードのページで記載していきます。

以上が、仮想通貨を手に入れる方法です。いかがだったでしょうか。

←元のページに戻る