SmartCash

スマートキャッシュは、マイニング、マスターノードの特徴に加え、オフラインで使えるカード、利息報酬、投票システムなど様々な機能拡張が予定されている仮想通貨です。

2018年2月27日に、はじまったばかりの新しいプロジェクトですが、新しい仮想通貨がどんどん増える状況では、古参の通貨のような印象もあります。

スマートキャッシュのホルダーは、スマーティ(Smarties)と呼ばれるようになっています。

※プロジェクトへの参加には、英語のリーディング能力が必要です

なぜ? スマートキャッシュがが気になった理由は

SmartCashは、次のことを発信しています。

最も機敏で成長の早い仮想通貨を作ることを目標としています

新しい仮想通貨の中では、成長はすごく早く、WEBサイトの作りも洗練されています。

マスターノードの運営数も多く、日本にも約300*のマスターノードがあります。(*:2018年9月11日現在)

マスターノードの設置に必要な日本円出資額は、現在のところ約2.5万円です。

チャートの状況

見てのようにチャートは右肩下がりで、どんどん下がっています。現在の状況としては、一番下落している時なので、始めるならチャンスかもしれません。

SmartCashというネーミング

SmartCashというネーミングはすごく大事な気がしています。直感的によさそうなネーミングですから、誰もが食いつくのではないかと思います。

名前なんてどうでもいいのではないか?という考え方もあるとは思いますが、私はそのように感じず。名前は、とても大事だと思っています。

関わる人たち、仕事をする人たち、開発する人たちが、俺たちは、私たちは、スマートキャッシュというネーミングなんだからこうしなきゃいけない。という使命感が、名前からも生まれやすいはずです。

だから、私はこのネーミングに惹きつけられました。

チャート

2018年1月の相場は、とんでもないバブルでしたが、そこを差っ引いて眺めてみると順調に価格推移していると思います。

今参加すれば、間に合いそうですが、遅れれば遅れるほどに、上昇してるような気がしています。

ホームページ

アナウンス