【HowTo ASICマイニング】利益の出るマイニングマシンの見分け方

想通貨のマイニング、短期間で利益を上げることは、不可能に近いものです。マイニングをいざやってみても、ほとんど稼げないことは知られているかと思います。

例えば、こんな感じです

20万円のパソコンを買うあるいは自作して、わくわく気分でマイニング。けれど一日でマイニングできるのは、250円分程度です。そこから一日100円分の電気代を払い、儲けとなる利益は一日たったの150円です。

この毎日の150円でパソコンの購入代金を上回るのが、いつかを計算すると

20万円÷150円=1333日≒4年

なんと利益がでるようになるまで4年もかかってしまいます。

待ってられませんよね?

それも仮想通貨の①値段が下がらないことや、マイニングできる仮想通貨の②量が減らないことが前提です。しかし、実際には、人気のない仮想通貨は値上がりをしません。また、人気のある仮想通貨は、値上がりするかもしれませんが、マイニングできる仮想通貨の量が減ってしまいます。

そんな状況なので、既にマイニングをパソコンでやる時代は過去になりつつあります。その代わり台頭してきているのが、ASICマシンによるマイニングです。

マイニング専用のパソコン(というかコンピュータ)ということになります。ただし、日本のお店に行けば、仮想通貨のマイニングマシンが売っているということはなく、実際には、海外、主に中国からの個人輸入となってきます。

そんなASICマシンを購入する際に、私が頼りにしているのは、次のサイトです。

表の見方は次のような感じになります

Profitability:一日に稼ぐことのできる仮想通貨の予測値
Power:電気代にはねる発熱量です(小さい方が電気代が安いです)
Release:発売日です(将来日付のものは、予約で実際に発送が行われていません)
Noise:ノイズ。騒音量です。(小さいものが静かです。70dbは掃除機くらいの音です)
Algo:アルゴリズムです。(どの仮想通貨が掘れるかが決まります)

私が新しいASICマイニングマシンを調達する際の確認のしかたは、

①Profitabilityが高いこと
②Releaseを見て、発売済みか、未発売か
③Powerが低いこと、ブレーカーが落ちることはないか
④Alogで対象仮想通貨の価値はどうか

上記①~④を重要視して、決定しています。

参考にしてみてください。

仮想通貨の投資において、良い結果がでるかは、だれにもわかりません。良いマシンと出会えるかは、上記は目安にしかなりません。運も影響します。