AntRouter R1-LTCを試す

BITMAINと言えば、マイナーの皆さんであれば、よくご存知、また、知っている人は知っている中国のASICマシン販売のトップメーカーですが、悪評が尽きませんね。

そんなBITMAINの販売するマイニングするルーターを買っていますので、そのご報告をいたします。

パッケージはこんな感じです。比較用のマウスは、そもそも小さなロジクールのマウスですが、大きさが伝わるでしょうか。

このルーターを実際利用してみましたので、レポートさせていただきます。

Wifiの性能について

証拠となるスクリーンショットを撮影しておりませんが、比較した、TP-LINKのルーターよりも、遅いけど、極端ではないという印象で、

実用性はまぁまぁでした。

比較したルーターはこれです。

マイニング性能に関して

写真のように、熱を下げるためのファンはありませんし、サイズも小さいですから、期待なんてしてはいけません

ということで、ANTPoolの性能を出しますが、

どうですか? いい数字ですか?

私には、よくわかりません(笑)

平均1Mハッシュは超えているんでしょうかね。

わかってます、L3+であれば500MHはいきますから、すでに赤字のASICマシンとなっているAntminer L3+の500分の1で、ほとんど、足しになっていません。

電気代も無駄に消費するルーターになっているはずです。

さてさて、そんな感じで、ライトコイン専用のマイニングルーターは、あまり需要がなさそうですが、いつの間にか、ラインナップがふえていて、シアコインやダッシュにも対応した製品がでています。

さらには、大型のルーターまで投入してきています。

https://shop.bitmain.com/product/detail?pid=000201807311727360737779mMV7061F

数か月前までは、品切れで、まったく手に入る状態ではありませんでした。マイニングに興味があり、遊び心があるひと。また、小型のルーターが自宅に欲しいという方には、試してみてもいい製品かと思います。

間違っても、電気代を賄うなんて期待してはいけません。

電気代をさらに食って、ちょびっとのマイニングができる程度です。

ライトコインが、元の価格に戻り、さらには、10倍、100倍となれば、もちろん話は違ってきますがね。。。