個人事業と会社経営に共通すること

自営業をやるようになって、サラリーマンをやっていると絶対に気づくことができない視点があることに気づきました。

それは、利益は一番最後だということです。

わかったつもりでいましたが、やはりきちんとはわかっていませんでした。

たくさんの仕事をして、すぐに給料が出るのはサラリーマンだけで、自営業から先の経営者は、うまく事業が回っていなければ、利益は出ません。

誰かの引継ぎで、経営を行う人は、この感覚がなくとも、サラリーマン社長でやっていけると思いますが、一から起業となると、これが非常に理解できない。

いくら仕事をしても、すぐにはお金にならないんですね。

でも、私は既に学び始めています。やらなければ、本当に理解できないことだと感じたので、ブログにメモとして残します。

コメントを残す

メニューを閉じる