会社に退職することを報告しました

2018年6月1日の本日、会社のカウンセラーに退職の意志があることを伝えました。具体的には、7月末頃のプロジェクトのフェーズの切り替えのタイミングで辞めたいと申し出ました。

私は2002年4月1日から、働いてきましたので、15年と4か月働いたことになりますが、そんな働き方も、ここで一区切りです。

思い起こせば、会社を辞めたいと思い始めたのは2006年頃からで、入社4年目で既に辞めたいと思っていました。けれども、転職したところで、誰かに仕事をもらって生きる生き方、自由な生き方ができないのであれば、それは意味がないなと感じており、個人事業主的な働き方を夢見ていました。

しかし、当時の私は結婚して子供が生まれ、奥さんも働けない状況でして、深夜までの残業が当たり前のなかでも、働かざるを得ない状況でした。そうやって自分に嘘をついて働いていました。そのほかにも辞めたくても辞められない事情が多々ありましたが、ようやく、辞めることが実行に移せるタイミングとなりました。

なんて、幸せなのでしょうか。

今日、辞めることを宣言したことで、今度は、自分の頭で稼がなければいけないな、行動しなくてはいけないなと、次のステップに移ったことを実感しています。

今回の決断は、自分が行った決断です。以前からやりたかったことでもあります。責任も自分にあります。だからこそのプレッシャーがあります。

けれども、これから、夢の実現のために、頑張れるというその時間に、精いっぱい向かうこともできるわけです。

今日は、疲れていて、文章をまとめることができませんが、辞めることの後悔はなかったかなと思いました。精神的に疲れた気がします。けれども、辞めることを伝えた後でも、そのことに対して、後悔はありません。もしかしたら、辞めることを伝えたすぐ後に後悔をする自分がいるかもしれないと思ったのですが、そうではありませんでした。

次のステップに私は進みます。これから頑張りますので、よろしくお願いします。このページもよいものにしてまいります。

ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です